丸武産業リユース・クリーンセンターホーム会社案内産業廃棄物処理業収集・運搬解体工事Q&A よくあるご質問
お問い合わせTEL 0577-78-2555アクセス・地図

産業廃棄物処理業

マニフェスト制度

産業廃棄物管理票(マニフェスト)の交付・保存・確認を徹底しています。

マニフェスト交付

産業廃棄物管理票(マニフェスト)をご存知ですか?
すべての産業廃棄物の処理を委託する際には、産業廃棄物管理票(マニフェスト)の使用と廃棄物の処理確認を最後まで行うことが義務づけられています。
これにより、 不適正な処理による環境汚染や、社会問題となっている不法投棄を未然に防止できます。

マニフェストと産業廃棄物の流れ

 

産業廃棄物管理票(マニフェスト)とは

丸武産業では、法律で義務づけられているマニフェストの交付・保存・確認を徹底しています。
産業廃棄物管理票(マニフェスト)とは、排出事業者が産業廃棄物の処理を委託するときに、その廃棄物がどのようなものかを把握し、運ぶ人や処理する人に正しく伝えるとともに、その処理の流れを最後まで確認できる仕組みです。

産業廃棄物の種類、数量、運搬業者名、処分業者名などを記入したマニフェストは、産業廃棄物とともに業者から業者へと授受され、産業廃棄物が処理されたことを最後まで簡単に確認することができます。

委託されたそれぞれの処理終了後、最大180日以内にマニフェストを返送することによって処理が終わった事をご報告します。これにより、廃棄物が委託内容どおりに適正に処理されたかをご確認いただけます。

産業廃棄物管理票(マニフェスト)

建築関連廃棄物マニフェスト

●電子マニフェスト制度について

排出事業者様も電子マニフェスト制度に加入いただければ、これらの処理と管理、報告が簡単に対応できます。詳しくはお電話にてお問い合せ下さい。

委託契約にあたって

産業廃棄物を委託処理するにはまず委託契約が必要です。

産業廃棄物の処理を委託する場合には「委託契約」が必要です。
排出事業者は収集運搬業者と処分業者それぞれと直接、書面で委託契約を結ばなければなりません。この委託契約書は、契約終了日から5年間、保存することが義務づけられています。
丸武産業では、解体工事、収集運搬から最終処分場への搬入処理までを自社で一貫して行っています。
これらを一貫して行う事で、委託業務の効率化・時間短縮によるコスト削減を実現できます。

委託契約にあたっての確認事項

委託契約を結ぶにあたって下記の点をご確認ください。

●委託する産業廃棄物の取り扱いが許可を受けている範囲か

●処理基準を満たしているか

これらは「産業廃棄物処理業許可書」で確認できます。

許可番号

産業廃棄物処理業許可書

産業廃棄物収集運搬業




産業廃棄物処分業

(岐阜県)No.02111037800
(富山県)No.01608037800
(愛知県)No.02300037800
(三重県)No.02400037800
(新潟市)No.05902037800
(岐阜県)No.02121037800

契約の段階で最終処分の場所等を予め把握でき安心です。

「産業廃棄物委託契約書」には「産業廃棄物処理業許可証」の写しを添付することが義務づけられています。
委託契約書には「最終処分を行う場所の所在地」「最終処分の方法」「最終処分を行う施設の処理能力」が記載され、契約の段階においても、排出事業者が最終処分の概要を予め把握できるようになっています。

[ 委託契約における義務と責任 ]
  1. マニフェストの記載事項は正確に漏れなく記載すること
  2. 取扱い不能品は混入しないこと
  3. 異物混入時はその異物を当日中に持ち帰る
  4. その他、通常外の搬入のある場合は、事前に照会すること

取り扱うことのできない廃棄物の処理を委託したり、処理能力が不十分な業者に委託すると罰則(委託基準違反)を受けます。

◎ 施設の写真はいつでも撮影可能です。

産業廃棄物委託契約書

産業廃棄物処理業のトップへ 

[ お問い合わせ総合窓口 ]

丸武産業リユース・クリーンセンターへのお問い合わせ・お見積り依頼(無料)はこちらの窓口へ。
電話:0577-78-2555
受付時間 8時〜17時 (日曜、GW、お盆、年末年始を除く)
お問い合わせ総合窓口はこちら

このページの先頭へ


ホームお知らせ会社案内産業廃棄物処理業収集運搬解体工事Q&A よくあるご質問